2007年05月22日

京都の約束

++++++++++++++++++++++++++++++++++
1997年12月11日、 京都にて、世界の国々がひとつの「約束」をしました。 地球温暖化を止めるため、温室効果ガス削減を約束する京都議定書が結ばれたのです。

日本も、2008〜2012年の排出量を1990年から6%削減することを約束しました。 しかし、2005年までに8.1%も増えています。 このままでは、「京都の約束」を守れそうにありません。

[ http://kyoto-yakusoku.jp/ ]
++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんなのを見つけました。
約束なんてなくても、国が環境を守るための制度を導入する必要はあると思うんだけどなぁ〜。
「約束だから」ではなくて、「地球を守ろう」「温暖化止めよう」って気持ち。
アメリカ批判してる場合じゃないよ。。。(←よく聞こえてくるから)

こんなこと言ってる私だって、京都議定書について詳しいことは最近まで全く知りませんでした(--;
当時アメリカにいてニュースなんて全く目にしなかった。。。という言い訳。

↑のURLから「お願い」をしてみました。

mixiトピもあります。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18649699&comm_id=296218
posted by Sajakac at 12:08| Comment(8) | TrackBack(0) | Save our Planet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あくまでも1990年の水準から6%削減するって事なので、今からだと下手したら20%近く削減しなくちゃならない。。。これはおそらく無理です。
先進国にとっては結構きつい事かもしれません。
だから炭素排出権(という名称だったかどうかは??だけど)というのを売買するようになるらしいね。
つまり日本みたいに削減目標をクリアできない国は、削減目標をクリアできてる発展途上国(発展途上国ほど削減目標は低い―そんなに温室効果ガスの排出をしていないから)にお金を払って、買い取った余剰分だけ排出できる。。。というシステムになるっぽいね。
空気なんてタダで使いたい放題と思ってたけど、今後は息を吐くだけで課金されているという意識が必要??
Posted by かたゆで玉子 at 2007年05月22日 18:29
お金で解決できる問題じゃないと思うんだけど、結局そーいうことが必要になっちゃうのかなぁ〜。もし金持ちの国が「お金払って排出します」ってことになったら、ちっとも温暖化ストップにつながらないじゃん。まぁ国レベルの話は国に任せるとして、自分は個人レベルでできることをやるだけだね〜。

今になって思うことだけど、山を崩して圏央道とか作らなくてよかったんじゃない?とか、そーいう話だよね。(できてしまったものは使わせてもらうが(^^;) 呼吸して課金とかはおかしいから(--; 便利さ快適さUPはちょっと我慢して。
Posted by Sajakac at 2007年05月23日 12:01
極端に言えば電気も油も使わなければ達成は容易だと思う。
だけどエアコンも車も必要だし、何より便利だから今更捨てられない。
便利と快適が未来を脅かしながら現代を紡いでいく。
文明の利器を文明の危機だと認識して、立ち止まり、捨てる覚悟を持てるかどうかが子孫への約束じゃないだろうか。
Posted by Pa-Pa at 2007年05月23日 12:07
Pa-pa
そこまで極端になるのは難しいよね。逆に経済の問題にもなってしまうし。便利と快適は、捨てることは無理でも減らすことは可能だと思う。私はエアコンはほとんど使わないし、ゴミを減らすように気にしてる。昔はちょっとのことでも車を使う車人間だったけど、今はあまり乗らなくなった。前にTVで見たんだけど、ヨーロッパのどこかの国で、信号待ちのときにエンジンを切るってルールがあるらしいよ。自分も試してみたけどかな〜りめんどくさい(--;
Posted by Sajakac at 2007年05月23日 15:55
お願いしてみたよー。

あくまでCo2削減とはちょみっと違うけど、
Co2を吸収するための、屋上緑化とか、太陽光発電、風力発電とかクリーンなエネルギーを使うことは必須かなと思う。

たぶんね、24時間営業のものを全部ストップして「夜8時になったら全部閉店」って感じのヨーロッパ並みの規制はかけたほうが達成できる可能性あるかもねー。

北欧の国だとさ電気を契約するときに
太陽光/風力の電気(高価)と原子力の電気(やや高い)火力(安い)を選べるんだけど、環境意識の高い人は「太陽光/風力」を選ぶそうな。

日本でもそういう感じでエネルギー選べたらいいよね>ただいまベランダ発電で昼のエアコン回せないか設計図とにらめっこちう
Posted by しう at 2007年05月24日 15:39
しうさん、いいこと言うねぇ〜。さすが。
結局大事なのは約束を守るためのCO2削減というより、
地球を守るってことだから。
緑化は大事ですね。
24時間営業ストップって考えたことなかった。
夜8時閉店とまでは行かなくても、営業時間短くしたらいいと思う。
ヨーロッパに行ったときはいろんなことが不便って感じたけど
方向を変えて見てみると良いことだってわかるね〜。
Posted by Sajakac at 2007年05月24日 21:37
この問題について、実際どの程度のスキーヤー達が真剣に考えているのだろうね?

hirayanはエネルギー関連の業界(でもって世間様には何かと睨まれ嫌われがちなジャンルの)に身を置いている以上、温暖化やエネルギーの問題は常に意識せざる得ないのだが、他の人たちって意識しているのかな?って時々感じるところがあった。

でもこうして、身近な仲間内のスキーヤーに真剣に考えている人がいたわけだね。
まだまだ捨てたものではないな。

有効策として効果的なのは、排出割合の多い輸送部門での大幅な削減。
早い話が、必然性の無い自動車の使用は控える。これが効果的だろう。
・・・とは言いつつ、毎週末膨大な長距離運転し、大量に石油燃やしまくっているのは何を隠そうhirayan自身だ。それこそ他人様の批判なんて出来たもんじゃない。

控え目運転でレガシイの燃費をリッター12km近くまで抑えられるようになったけど、実用上これが限界だろう。
かといってまだ壊れてないし使える物を、安易に買い換え廃棄するのも地球環境的にどうよ?う〜ん、ジレンマ・・・。
Posted by hirayan at 2007年05月25日 04:22
hirayan、早起きしたの〜?4:22って。
私も週末になると、車で山に行っているので
あんまり大きなことは言えません。。。
でも車も電気も、使う量を減らすだけでも違うでしょ。
レガシィの燃費12kmはすごいんじゃない??
Posted by Sajakac at 2007年05月25日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。